行政・団体・市場

ジェルコが安心R住宅制度に登録

代表理事 盛静男会長
代表理事 盛静男会長
【要約】
リフォーム事業者団体のジェルコが安心R住宅制度に登録
会員のうち119社が不動産仲介とリフォームを提供
地場不動産会社との連携も検討している

▶積水化学工業とは?
1983年に設立された住宅リフォーム事業者団体。正式名称は日本住宅リフォーム産業協会。全国に503社が登録しており、水回り工事に強い地場業者が会員として多い。

ジェルコ、「安心R住宅」開始

 改修と中古住宅、セットで提案

日本住宅リフォーム産業協会(ジェルコ、東京都中央区)は6月28日、国交省の推進する「安心R住宅」制度に登録された。これで5団体目の登録となる。

協会に加盟する企業503社のうち、まず宅建資格を持つ119社が不動産仲介とリフォームのワンストップサービスとして提供していく予定。また、今後地域の不動産事業者と連携を進め、宅建資格を持たない企業も取り組んでいく計画だ。

代表理事 盛静男会長

代表理事 盛静男会長

「当協会は4年前から会員の技術向上の一環として、性能向上リフォームの研修を重点的に行ってきました。また、独自にインスペクションガイドラインを制定しており、それらの技術を生かして、消費者に安全な中古住宅を提供していくつもりです」(代表理事・盛静男会長)

さらに団体の会員には、水回り工事に強い事業者が多いことから、改修する住宅の築年数に応じて10年、20年、30年の3段階で水回りリフォームプランを作成。10年ならキッチン調理器具や換気扇など3項目、20年ならこれに加えてキッチン本体や水洗金具など5項目、30年なら浴室など合計10項目の工事を標準プランとして提案していく。

Follow me!

    コメントを残す

    *