ノウハウ

社員の活躍、動画で表彰 家族にも伝え応援促す 中村工務店

年商8億円のリフォーム会社中村工務店(長崎県長崎市)は、モチベーションを高めるため、社員の活躍を表彰する動画を作成しYoutubeに公開。また社員の家族にも動画を送付し、会社の理解や社員の応援を促す。さまざまな取り組みの結果、6年間で離職率を15ポイント改善し、顧客からの評価も高くなっている。

社員の離職をいかに減らすか─。年商8億円のリフォーム会社 中村工務店(長崎県長崎市)は社員表彰の動画を作成し、YouTubeに公開。モチベーションを高める取り組みを行なっている。

社員が互いを評価

動画は全6分6秒。冒頭3分24秒間は1年間に撮影した社員の画像を用いながら全社員に対してコメントする内容だ。実際に動画では「仕事を頼んで安心できる」、「現場の数が多いのにいつも笑顔だった」など、そのスタッフが会社にどのように貢献したのかについて評価している

次に新人賞3人、優秀賞(営業部門、工務&設計、事務部門)、最優秀賞について紹介するという流れ。

評価は全社員による「相互投票」。中村鉄男社長が集計し、自らが1枚1枚画像を選定し編集している。

社員表彰を紹介したYouTube動画

社員表彰を紹介しYouTube動画

これを昨年10月1日に行った表彰式の会場で放映した。表彰自体は以前から行っていたが動画にしたのは今回が初めての試みだ。その狙いを中村社長は次のように話す。

中村鉄男社長

中村鉄男社長

自分の仕事をこんなにも理解してくれているということに感動し、また明日から頑張ろうという気持ちになれるんです。また表彰されなかったスタッフも『来年こそは自分が表彰されてやる!』とモチベーションアップにつながったと思います」

 

離職率15ポイント減

この動画はDVD化して受賞したスタッフの自宅に送付した。スタッフの親や兄弟など家族に見てもらうためだ。
実際に後日スタッフから「親が喜んでくれた」と声があった。

同社は近年、特に働く社員の家族の理解を得ることに力を入れている。2カ月に一度社内報を製作し、家族に送付するという取り組みも行っている。そこでは会社の取り組みやレクリエーションの画像が多数あり、全社員が必ず1枚以上顔を出すようにしている。

また2カ月間に誕生日を迎えたスタッフを紹介し、それぞれに他の社員から感謝の言葉が寄せられている。

社員の家族の皆さんが会社を理解し、社員を応援してくれることが非常に重要なんです」と中村社長は力説する。例えば、社員がストレスを抱えた時に、家族から「いい会社だし応援しているから頑張ろう」と言って支えてもらえるからだ

社員表彰を紹介しYouTube動画

社員表彰を紹介しYouTube動画

このような取り組みは離職率の減少につながっている。6年前、同社の離職率は年間25%を超えていた。しかし、現在は15ポイント改善し、10%弱にとどまっている

「以前は、『なぜ今ここで?』というタイミングでスタッフに辞められることが多かった。当時入社した新卒は5人のうち1人しか残らなかった。しかも、辞めるのは新人だけではなく、ベテランも含めて。そうするとカバーに入った社員も疲れてしまう。そして、その社員が事前発注を忘れるミスをする、クレームが出る、さらに疲れるといった悪循環になっていた」(中村社長)

そこで経営改革に乗り出した。まず社員1人あたりの仕事量を減らした粗利率の低い仕事を大量に受注するのを止め、粗利率を37%以上しっかり確保できる工事に絞って受注するようにした。そうすると、社員の疲弊が収まり、顧客からも工事の質が高いと喜ばれるようになった

同社は今後、ここ数年抑えていた売り上げの拡大に再度着手する計画だ。

社員の満足度が高まり、『社長、もっと会社を大きくしましょう』という声をもらえるようになった。6年前と違い、安心して拡大ができる」と中村社長は自信を込めた。

    コメントを残す

    *

    8 + four =