ビルダー・工務店

定額制フルリノベ開始  初年度の売り上げ2億円を計画

▲開放感のあるつくりと、自然素材の質感が特徴

 

定額制フルリノベ開始

 初年度の売り上げ2億円を計画

中島伸也 マネージャー

中島伸也
マネージャー

ビルダーの中商(大阪府岸和田市)は、定額の全面改修サービスをメインにすえた「再新住宅フルリ」ブランドを立ち上げた
同社は「D`S STYLE」ブランドのコンセプト型規格住宅を中心に、年間約120棟の新築住宅を供給しているビルダー
年商は28億円
「再新住宅フルリ」を武器にリフォームへの本格参入を進める同社の中島伸也マネージャーに戦略を聞いた。

 

建て替えの7割の費用で新築同様に

「再新住宅フルリ」は、「人生をタノシム家」をコンセプトとする「D`S STYLE」のテイストを取り入れたリフォームのブランド
その中心となるのは、2つの定額制の全面改修サービスだ。

1つは、「一軒まるごとリフォーム」
これは、基礎と柱を残して、水回りの設備や内外装などを一新するという商品
デザインや空間レイアウトだけでなく、性能向上にも力を入れている点が特徴だ。
例えば、建物を耐震等級1以上に仕上げたうえで、制震ダンパーを設置し、耐震性能を大幅に向上させる。
さらに、日本アクア社の断熱材「アクアフォーム」を使った断熱改修も実施。
費用は1坪あたり47万円の定額制となっている。

「築30~40年の住宅に住まれている方に、建て替えと合わせて、選択肢の1つとして提案していきます。『一軒まるごとリフォーム』でも、建て替えと比べると費用は7割程度。その価格で、新築の『D`S STYLE』と同様の住まいが手に入るので、ニーズはあるはず」(中島マネージャー)

もう一方の「内装まるごとリフォーム」では、水回りの設備交換や内装の全面改修、断熱改修を行う
費用は1坪当たり39万円の定額制
また、水回りの設備交換や増築、減築といった500万円以下のリフォーム全般をカバーするために「ちょっとリフォーム」という商品も用意している。
こちらは内容に応じて費用が変動する。

 

築38年の戸建てをモデルハウス化

今回のサービス開始にあたり、同社では築38年の戸建て住宅を購入。
「再新住宅フルリ」の仕様で改修を施し、モデルハウスとして利用している

このモデルハウスの玄関は土間仕上げ。
広めにスペースが取られているだけでなく、2階への吹き抜けになっている。
また、6畳と8畳の部屋を1つにしてつくられたリビングは、ウッドデッキとつながっており、全体的に開放感のあるつくり。
また、床には杉の無垢材、内壁には同社オリジナルの漆喰を使うなど、自然素材にこだわっている。
さらに、自分の時間を大切にしたい人のために、リビングのわきには趣味のためのちょっとしたスペースも用意している。

同社は、「再新住宅フルリ」ブランドで、初年度売上高2億円を計画
サービスの開始から2週間ほどで、5つの案件が進行中と、出だしは好調だ。

 

    コメントを残す

    *

    19 − three =